« チャンス到来! その2 | トップページ | Vantageでいつものカントリーロードへ »

2013年4月13日 (土)

Vantage 納車

今日、Vantage納車のため、ディーラーまで行ってきました。

奥さんと息子が日本一時帰国中のため、タクシーでMilton Keynes Central Stationまで行って(バスと大差ない6ポンド以下)、その後電車を3本乗りつぎ、最後は30分歩いて到着。
クルマで直接行くのに比べて3倍の3時間かかりましたが、交通費はタクシーの85ポンドに対し約1/3の30ポンド。節約です。

たまには電車の旅も良いものです。途中駅のLiverpool Street。

Dscn10621



ディーラーに向かって歩いている時にイタリアンストライプの500C発見!


Dscn10631


ディーラーに着くと、我がVantageはショールームの中に鎮座してました。


Dscn10661


デビッドカードで残金支払い後、一通りのレクチャーを受けて、自宅にNAVIをセットして発進! Motorway M25→M1と安全運転でクルージング。

そして自宅到着。さてガレージに入るか??ガレージ開口幅は2.1m、Vantageはミラー畳んで1.87mのはず。両側に7cm隙間あるはず!

Dscn10751


Dscn10801


なんとか狙い通り入りました。

ただ、最初に位置を決めるのが相当難しいです。奥に鏡を置く必要がありそうです。
入る時、出るときにミラーを畳み忘れると大変なことになります。

また、今日は風が強かったのですが、ガレージの扉のストッパーが弱くて何度も勝手に扉が降りて来ました。クルマに当たったら大変、要対策です。


さて、下の写真はオーナーズマニュアルとキーです。キーはECU(Emotion Control Unit)と言って、ガラスと金属が使われています。落とすと壊れるから気をつけて!と言われました。かっこいいけど実用上かなり問題有りです。


Dscn11151

ちなみに、良くクリスタルと言われていますが、実はクリスタルだったのはDBSの最初の1年間だけで、生産性の悪さとコスト上の理由ですぐガラスに変更されたとのこと。Vantageは最初からガラスだったそうです。


そのキーユニットをセンタークラスターのスタータースイッチ部に挿入し、


Dscn10741


押すのですが、この時、一呼吸おくとメーターのディスプレイに有名なあの言葉が。。。

POWER
    BEAUTY
           SOUL

Dscn10811


一気に押しちゃうとPOWERしか見えません。

そして、センタークラスターはこんな感じで照明が点きます。
また、インパネ等のスティッチは飾りではない本物なので、少しうねっています。


Dscn10831



キッキングプレート。Aston Martin, Hand built in Englandと書かれています。


Dscn10861


シートの後ろには結構ものを置けるスペースがあります。この下にバッテリーと、小さな物入れがあります。


Dscn10951


ラゲッジルームです。結構綺麗です。

Dscn10941


エンジンルーム。エンジンが低く、奥に入っています。ドライサンプ&トランスアクスルならではですね。


Dscn10881


Dscn11081



Dscn10991

(ミラーカバーに保護フィルムが貼ってあります、傷ではありません)


Dscn11041


Dscn11011


今日は家に着いたころから雨足が強くなってきたので、いつものカントリーロード試乗は明日天気が良かったらやりたいと思っています。














« チャンス到来! その2 | トップページ | Vantageでいつものカントリーロードへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっぱり美しいですね〜。

URAさん、一見ちょっと地味だけど、この外観と内装はすごく気に入っています。なかなか乗る時間がありませんが。。。

大変ご無沙汰です。
紳士なスポーツカー、落ち着いた感じたまりません。
ボンドカーの乗り継ぎ、素晴らしい!!
宮ヶ瀬で拝見したいです。

すずめさん、お久しぶりです。実は、これまで007が特別好きだった訳ではないのですが、今はVantageの中で007テーマソング聞いて走っています。(正確に言うと、Vantageはボンドカーになっていませんが、まあ形が似ているので良しということで。。。)
宮が瀬で再会出来る日を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャンス到来! その2 | トップページ | Vantageでいつものカントリーロードへ »