« 2015年夏の沖縄本島旅行 | トップページ | 近況~ »

2015年9月19日 (土)

久々のアストンネタ

7月のロスと広州出張のあと、しばらく海外出張なかったですが、
13日の日曜日から今日までドイツ出張でした。

それはそれとして、久しぶりにアストンのネタを。。。

Img_0610mdf1


Img_0609mdf1


実は、7月のロス出張から帰ってきたら、アストンのバッテリーがあがっていました。
これで3回目かな。2週間動かさないとあがるようです。途中で奥さんにエンジンだけかけてもらいましたが、やはり走って充電しないとダメ。

毎回、バッテリーチャージャーで一晩充電し直すの面倒くさいな~と思っていたのですが、ここで新兵器を入手しました。

アストンマーティン バッテリーコンディショナー。

Dscn63191


アストン純正品です。あまりにバッテリーあがりのクレームが多いので、こういうの作ったようです。
ヨーロッパ仕様なので、220Vに変換するトランスデューサーに接続。

Dscn63181


電圧が下がるとインジケーターがオレンジになり、自動で充電が始まります。インジケーターがグリーンになったら充電完了状態。

これを接続してから、2週間放置しても一発で元気に始動するようになりました。めでたしめでたし。


続いて、ヴァンテージオーナーなら誰でもやるというプチチューニングやってみました。

トランクの右側。


Dscn62871


はまっているボードを外し、

Dscn62881


ヒューズボックスを開けて、左列の一番後ろのFUSE22を外します。

Dscn62921


こうすうると何が起きるかというと、エンジンの負圧で作動しているマフラー内のバルブが常時オープンになります。このバルブは通常エンジンが4000回転を超えると開くようになっています。

どのように排気音が変わるかは、また次回~。

« 2015年夏の沖縄本島旅行 | トップページ | 近況~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593023/62312300

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のアストンネタ:

« 2015年夏の沖縄本島旅行 | トップページ | 近況~ »